UbuntuをWindows 10(Fall Creators Update)にインストールしてみた

2017年10月17日に公開されたWindows10の大型アップデート(Fall Creators Update)で、Linux互換機能の「Windows Subsystem for Linux(WSL)」が正式サポートされました。

WSLは、Windows上でLinuxを簡単に使えるようにする機能です。
これまでWindowsパソコンでLinuxを動かす場合は、仮想化ソフトを使用したり、デュアルブートの設定をしたりと、不慣れな人には少し面倒な方法をとる必要がありました。
WSLが実装されたことで、アプリをインストールするのと同じような感覚で、手軽にLinuxを体験できるようになります。

今回は、LinuxのひとつであるUbuntuをWindows10にインストールする方法を記事にまとめてみました。

目次

Ubuntuとは?

Ubuntu(うぶんつ)は、無料で使えるオープンソースのLinux OSです。
主に、個人のデスクトップ用途として広く使われています。

公式サイトではisoイメージの形式でダウンロードすることができますが、今年からMicrosoftストアでも配信が始まりました。

Fall Creators Updateを適用したWindows 10パソコンであれば、Microsoftストアから無料で簡単にインストールして利用することができます。

Windows Subsystem for Linuxを有効化

UbuntuをMicrosoftストアからインストールして使用する場合は、「Windows Subsystem for Linux」が有効化されている必要があります。
事前に有効化しておきましょう。

  1. Windows 10の設定画面を開き、「アプリ」をクリック。
    WSL有効化
  2. 一番下までスクロールすると、関連設定の項目に「プログラムと機能」リンクがあるので、クリック。
    WSL有効化
  3. 「プログラムと機能」の設定画面が表示されるので、「Windowsの機能の有効化または無効化」リンクをクリック。
  4. 各機能の有効・無効を設定できる画面が表示されます。
    「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリック。
    WSL有効化
  5. 少し待つと完了です。パソコンを再起動すると有効になります。
    WSL有効化

Microsoftストアからインストール

次に、MicrosoftストアからUbuntuをインストールします。

Microsoftストアアプリを起動して「Ubuntu」と検索すると、Ubuntuが候補に表示されます。
Ubuntuを選択して、アプリの画面で「入手」をクリックで、自動的にインストールが始まります。

Microsoftストア

Ubuntuを起動する

インストールできたら、起動してみましょう。

  1. スタートメニューにUbuntuが追加されているので、起動。
  2. 初回起動時はインストール処理が行われるので、1分程度待ちます。
    Installing, this may take a few minutes...
  3. Ubuntuで使用するユーザ名とパスワードを聞かれます。
    好きなものを設定しましょう。
    Installation successful! Prease create a default UNIX user account. This username does not need to match your Windows username. For more information visit: https://aka.ms/wslusers Enter new UNIX username:
  4. 「ユーザ名@コンピュータ名:~$」というプロンプトが表示されたら、準備完了です。
    コマンドが入力できる状態になっています。
    (コンピュータ名を塩釜甚句にしてたのを、これを見て思い出しましたww)
    passwd: password updated successfully Default UNIX user set to: To run a command as administrator (user root), use sudo <command>. See man sudo_root for details.
  5. ウィンドウのタイトルを右クリック⇒「プロパティ」を選択すると、設定画面を表示できます。
    画面の色などいろいろ自由に設定できるので、お好みで設定しましょう。
    Ubuntuプロパティ

もしWindows Subsystem for Linuxを有効化していなければ、起動時にこんなエラーが表示されます。

The WSL optional component is not enabled. Please enable it and try again. See https://aka.ms/wslinstall for details. Error: 0x8007007e Press any key to continue...

 

インストールが完了したので、試しにいくつかコマンドを打って、状態を確認してみました。

unameコマンドでシステム情報を表示した結果です。
Microsoftと表示されるのが、ちょっと新鮮。

Ubuntuのバージョンは、16.04.3 LTSでした。

ドライブの情報を表示した結果です。
Cドライブは、/mnt/c としてマウントされているようです。
LinuxのコマンドでWindowsのファイルも操作できます。

ルートディレクトリ内の一覧です。
普通のLinuxと同じ感覚で、いろいろいじれそうです。

まとめ

ソフトをインストールするだけの簡単な作業で、Linuxが使用できるようになりました。
Linux未経験の人は入門用として使えそうですし、Linuxに詳しい人も普通のUbuntu環境としていろいろ活用できそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。