保存

和楽一筋では、作成した楽譜を独自形式(wgkファイル)で保存し、読み込むことができます。

保存しないままソフトを終了させてしまうと、せっかく作った楽譜が消えてしまいます。
楽譜はこまめに保存するよう心がけましょう。

  1. 新たに保存するには、まずウィンドウ上部の「ファイル」メニューを開き、「名前を付けて保存」をクリックします。
  2. ファイル名を入力し、保存場所を設定してから「保存」ボタンを押します。
    これで保存できます。

また、既に保存してあるファイルに上書き保存する場合は、「上書き保存」をクリックします。

読込

ファイルから楽譜を読み込み、作業を再開できます。

  1. ウィンドウ上部の「ファイル」メニューを開き、「開く」をクリックします。
  2. ファイルの保存場所を表示して、目的のファイルをクリックし、「開く」ボタンを押します。
    これで読み込みができます。

画像の保存

作成した楽譜を清書し、画像ファイルに保存することができます。
PNG画像、JPEG画像に対応しています。
(PNG画像での保存がおすすめです。)

  1. 画像保存したいトラックを表示させます。
  2. ウィンドウ上部の「ファイル」メニューを開き、「譜面を画像に保存」をクリックします。
  3. 保存する画像のファイル名を入力し、保存場所・保存形式を設定してから「保存」ボタンを押します。
    自動的に清書され、保存されます。

尺八や箏など本来縦書きの楽譜は、きちんと縦書きに清書されます。
楽譜が長く、複数ファイルに及ぶ場合は、ファイル名の末尾に「○○_1.png」というように番号が自動的に付けられます。

和楽器用楽譜作成・変換ソフト 和楽一筋 説明書

関連記事