和楽一筋が対応している和楽器の楽譜について解説します。

笙(雅楽明治撰定譜)

笙(しょう)は、雅楽の演奏で使用される管楽器です。
中国で誕生して、古代に日本へ伝来しました。

雅楽三管(篳篥、龍笛、笙)のひとつとして、合竹(あいたけ)という独特の和音を演奏します。
17本の細い竹管が円形につながっていて、息を吐いたり吸ったりすることで音を出します。
いわば、日本のハーモニカです。

笙

記譜法

楽譜は、篳篥や龍笛のような仮名譜はなく、運指を表す本譜のみで構成されます。
漢字で、縦書きで表現します。

明治時代に、明治政府雅楽局(後の宮内省雅楽部、現在の宮内庁式部職楽部)が、各楽所・楽家の演奏手法統一、記譜法の統一、楽曲の取捨選択などを行い、楽譜集を編纂しました。
これが「明治撰定譜」と呼ばれるものであり、現代の雅楽の基礎となっています。

越殿楽(笙)

楽譜の例(越殿楽)

本譜の右側にある黒い点は、小節を表しています。

本譜の音符と運指は、以下の通りです。

笙の運指

  • 一竹(いっちく)
    各管固有の音程です。
音符 音程
千(せん) F#6
十(じゅう) G5
下(げ) F#5
乙(おつ) E5
工(く) C#5
美(び) G#5
一(いち) B4
八(はち) E6
也(や) (音は発生しない)
言(ごん) C#6
七(しち) B5
行(ぎょう) A5
上(じょう) D6
凢(ぼう) D5
乞(こつ) A4
毛(もう) (音は発生しない)
比(ひ) C6
  • 合竹(あいたけ)
    5本か6本の管を同時に鳴らす和音です。
音符 音程
乞(A4)、乙(E5)、行(A5)、七(B5)、八(E6)、千(F#6)
一(B4)、凢(D5)、乙(E5)、行(A5)、七(B5)、千(F#6)
工(C#5)、凢(D5)、乙(E5)、美(G#5)、行(A5)、七(B5)
凢(D5)、乙(E5)、行(A5)、七(B5)、八(E6)、千(F#6)
乙(E5)、行(A5)、七(B5)、上(D6)、八(E6)、千(F#6)
下(F#5)、美(G#5)、行(A5)、七(B5)、上(D6)、千(F#6)
下(F#5)、十(G5)、行(A5)、七(B5)、上(D6)、八(E6)
十(双調) 十(G5)、行(A5)、七(B5)、上(D6)、八(E6)
美(G#5)、行(A5)、七(B5)、比(C6)、上(D6)、千(F#6)
行(A5)、七(B5)、上(D6)、八(E6)、千(F#6)
行(A5)、七(B5)、比(C6)、上(D6)、八(E6)、千(F#6)

和楽器用楽譜作成・変換ソフト 和楽一筋 説明書

関連記事