和楽一筋が対応している和楽器の楽譜について解説します。

鳴物(長唄手附)

「鳴物」という言葉にはいろいろな意味がありますが、歌舞伎の長唄では三味線以外の楽器(笛・小鼓(こつづみ)・大鼓(おおつづみ)・太鼓(たいこ))によるお囃子を指します。
演奏方法を記した楽譜は、手附(てつけ)と呼ばれます。

小鼓 大鼓

記譜法

流派や演奏者によって様々な記法がありますが、和楽一筋では

  • 譜面を上下二段に分け、上側に覚え書き、下側に具体的な音符を縦書きで表記
  • 大鼓(黒)、小鼓(赤)、太鼓(緑)を3色で並べる
  • 歌詞や三味線、笛の唱歌も付けて、音の関連を示す

という特徴のある記譜法(長唄手附)を実装しています。

譜面は、楽器別に「打音」と「掛声」を並べて表記します。
また、音符の関連を表すため、音符と音符を線で繋いで表現します。

和楽器用楽譜作成・変換ソフト 和楽一筋 説明書

関連記事