和楽一筋が対応している和楽器の楽譜について解説します。

篳篥(雅楽明治撰定譜)

篳篥(ひちりき)は、雅楽や神楽の演奏で使用される管楽器(縦笛)です。
中国で誕生して、古代に日本へ伝来しました。

雅楽三管(篳篥、龍笛、笙)のひとつとして、雅楽の主旋律を担当します。
先端に舌(ぜつ)と呼ばれるリードを取り付け、息を吹いて音を出します。

篳篥

記譜法

楽譜は、運指を表す本譜と、唱歌やリズムを表す仮名譜で構成されます。
片仮名や漢字で、縦書きで表現します。

明治時代に、明治政府雅楽局(後の宮内省雅楽部、現在の宮内庁式部職楽部)が、各楽所・楽家の演奏手法統一、記譜法の統一、楽曲の取捨選択などを行い、楽譜集を編纂しました。
これが「明治撰定譜」と呼ばれるものであり、現代の雅楽の基礎となっています。

越殿楽(篳篥)

楽譜の例(越殿楽)

本譜は、向かって左側に記載されている部分です。
仮名譜は、右側に記載されています。
また、仮名譜の右側にある黒い点は、小節を表しています。

本譜の音符と運指は、以下の通りです。

篳篥の運指

 

音符 音程
舌(ぜつ) F~G
五(ご) G~A
工(こう) A~B
凢(はん) C~C#
六(りく) C~D
四(し) D~E
一(いつ) E~F#
上(じょう) F~G
丁(てい) G~A

奏法

  • 塩梅(えんばい)
    息の吹き込み方や、リードのくわえ方を調整することで、運指を変えることなく、音高に変化をつける奏法です。
    日本語の「いい塩梅(あんばい)」の語源です。
  • 叩き
    同じ高さの音を連続して吹くときに、上か下の音を瞬間的に演奏する方法です。

和楽器用楽譜作成・変換ソフト 和楽一筋 説明書

関連記事