青高解放作戦Ⅱ青高解放作戦Ⅱ

お知らせ

本ソフトに収録されているおまけゲーム「屋上へ行く希望」を単体のソフトとして公開中。

青高解放作戦Ⅱ一周年記念サイト公開中。

概要

ストーリー

2005年7月。

青森県立青森高等学校が
正体不明の武装集団に制圧された。
人質は延べ1000人。校内は幾人もの兵隊により押さえられた。
警察、自衛隊共々、かつてないスケールの出来事ゆえ
隊員は現場待機命令が続き、指揮系統にあたる階級のものは
あらゆるシミュレーションを会議室の机の上で算出していた。
首謀者と名乗る男の声明によれば要求の金額は500億ドル。
日本史上最高の身代金要求に対し、政府は
「テロに屈することはできない。」と発言。
事態の解決の糸口が見えないまま
時間だけが刻々と経過してしまっていた。

現場上空10000メートル。輸送機の中。
今、二人の傭兵が現場の救出に向かう。
「石垣 高志」「茂木 夏樹」
彼等は、国際的に活動している
政府や組織に依存しない私立の軍隊『INS』
(International NON-Governmental Soldiers)の隊員。
外務省筋より非公式に依頼を受け派兵された彼等は
屋上へ着地、人質救出作戦を展開する…。

このソフトについて

「青高解放作戦Ⅱ」(せいこうかいほうさくせん2)は、実在する学校を舞台にしたゲームです。
前作「青高解放作戦」の続編となっております。
主に3Dガンシューティングが中心となりますが、
その他にRPGやアドベンチャーゲームの要素も含んだ、多機能?ゲームです。
プレイヤーは、上記のふたりやその他数名を操作し、
テロリスト撃退のための数々の作戦を遂行します。

本ゲームには「旧校舎」「新校舎」「工事現場」「食堂」「体育館」「図書室」「自啓館」が登場します。
前作ではひたすら銃撃でしたが、今回は違います。
説得ミッション、時間制限のあるミッション、
部屋の鍵を探すミッション、順番を間違えると失敗するミッションがあるなど、
前作よりも濃い内容となっております。
アイテムを使用できるようにしたり、武器の種類も増えています。
また、前作で解決できなかった様々な問題点も改良されています。

前作との違い

今作では、前作からあらゆる面で大きく進歩しています。

まず戦闘画面。前作では水平方向にしか回転できませんでしたが、
今回はどんな方向へも回転することができます。

マップ移動画面が追加されました。
RPGのように校舎を歩き回ることができます。

回復アイテムが実装されました。
ボタンひとつで体力の回復ができるので、より攻略しやすくなります。

今作では2人の絵師さんを採用したので、見た目も圧倒的に進歩しました。

ミッション数そのものも大幅増量です。
単なる銃撃だけでなく、説得、捜索など、いろいろなミッション・イベントがあります。

ゲーム画面、音楽、プログラム面でも前作より進化しました。


青高解放作戦Ⅱ