「和楽器の楽譜をパソコンで作ろう!和楽器×IT活用体験ワークショップ」を開催します

workshop

当サイト史上初の試みです。
和楽器楽譜作成ソフトをテーマとした「和楽器×IT活用体験ワークショップ」を開催することになりました。

経緯

地域密着型体験予約サイト「TABICA」から、和楽器をテーマにワークショップを企画してみないか?とご提案を頂いたのがきっかけです。

イベントを企画した経験はなかったのですが、昨年の秋に邦楽合奏フェスティバルのITコーナーで聞いた講演が印象に残っていたため、それを参考にして自分も思い切って企画してみることにしました。

ワークショップの内容

和楽器の楽譜をパソコンで作ろう!和楽器×IT活用体験ワークショップ

和楽器楽譜作成ソフト和楽一筋の使い方を、実際に体験することができるワークショップです。
「和楽器のオリジナル曲を作ってみたい!」「パソコンで和楽器の楽譜を書きたいけど、やり方がわからない」という方向けに、ソフトの使い方を、開発者自ら解説します。
ソフト初心者向けです。
単にソフトの説明をするだけでなく、世の中の和楽器×IT活用の事例も、自分が知っている範囲で紹介できればと思っています。

■解説編
体験に入る前に、和楽器譜の概要やIT活用事例を紹介します。(講義形式)
・和楽器の楽譜の概要について
・和楽器×IT活用の取り組みについて
・世の中の和楽器楽譜ソフトについて

■体験編
実際にソフトを触りながら、楽譜を作ってみます。(演習形式)
・楽譜を作ってみよう
・別の楽器に変換してみよう
・画像に出力してみよう

※個人開催のため、恐れ入りますがパソコンを持参ください。

■懇親会
ワークショップ終了後、場所を移して懇親会を予定しています。

※希望者のみ、参加費別
※懇親会のみの参加も歓迎です。

日時

2019年7月6日(土)午後3時~
1時間~2時間程度

場所

東京都品川区東大井5-18-1 品川区立総合区民会館きゅりあん

※きゅりあんの一室を確保しています。現地集合です。
※JR/東急大井町駅 徒歩1分。

当日の持ち物

個人開催であり、全員分のパソコンを用意することができないため、パソコンの持参をお願いします。
・ノートパソコン or タブレットパソコン
・マウス or トラックパッドが使えること
・Windows推奨
(Macの場合は、EasyWine等のソフトでWindowsソフトが使用できることを事前に確認ください)

当日使用する作譜ソフト(和楽一筋)は、当サイトからダウンロードできます。
当日スムーズにご体験頂くため、事前のダウンロードがおすすめです。
(事前にダウンロードできない方のために、主催者側でも準備はしておきます)

ノートパソコンを持っていない場合は、お問い合わせください。なんとかします。

参加費

場所代がかかるため、1人600円を頂戴させて頂きます。

※前払いです。下記の方法で、予約時に決済となります。
※先着5名限定、6月21日(金)期限で、3割引のクーポン券が利用できます。

申し込み方法

今回ワークショップ開催を提案して下さったTABICAのサイト上で、予約を受け付けています。

TABICAの概要や使い方は「TABICAとは」に載っていますが、ざっくり以下のような流れで予約できます。

(TABICAの利用規約により、TABICAを通さない方法で受付ができないのでご了承ください)

定員

最低開催人数 3名
※開催確定期限の7月4日(木)午後5時までに予約が3名に達しない場合、自動で中止になります。
※中止の場合、TABICAのシステム上で返金になります。

定員 13名
※部屋の大きさの都合で、これが限界です。

参加予定の方へ

体験編では、さくらさくらなどの簡単な曲を題材として、三味線文化譜や篠笛譜の作成をやろうと思っているのですが、まだ変更可能です。
「こういうワークショップをやってほしい!」という意見があれば、喜んで受け付けるので、ぜひ連絡ください。

それでは、参加をお待ちしています。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。