和楽一筋2.2.0公開!ついに雅楽の楽譜作成に対応しました

和楽一筋 Ver 2.2.0を公開しました。

今回は、雅楽で使われている楽器である「篳篥(ひちりき)」、「龍笛(りゅうてき)」、「笙(しょう)」の楽譜に対応しました。

図書館で雅楽の本を借りてきたり、Twitterで雅楽の専門家からいろいろ教えてもらい、開発に必要な情報が揃ったので、今回公開することができました。
サンプル曲として「越殿楽(えてんらく)」を収録しているので、ぜひ見てもらえるとうれしいです。

 

雅楽の楽譜は縦書きで、漢字やカタカナを用いて運指や唱歌を表現します。
こんな感じの楽譜です。

越殿楽(篳篥)越殿楽(龍笛)越殿楽(笙)

三味線譜等のように運指が数字で表現されていないので、覚えるのに苦労しそうですが、きっと歴史があるんだと思います。
沖縄の工工四で使われている音符と、漢字が一部共通していたりするので、もしかしたら祖先が共通かもしれませんね。

 

midiや西洋譜からの変換も対応しているので、ぜひ活用してください!
雅楽もついにデジタルの時代です!

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。