敷居

こんにちは。
早速夏バテしそうな田螺銭亀です。

 

和楽一筋更新


和楽一筋を更新しました。

今回の更新では、「民謡テンポ」という機能を追加しました。
他のシーケンサーにはない、和楽一筋独自の機能です。

民謡には「楽譜上は4分の3拍子だけど、実際に演奏する際は前の1拍と後ろの2拍でリズムが異なっている」という曲があります。
津軽三味線でバチを前後に動かす動作に由来するものです。
津軽あいや節、津軽よされ節などは、その典型例と言えます。
通常のテンポで再生すると、リズムが一定になってしまい、津軽民謡らしさがなくなってしまうのです。
そのため、一小節内で二つのテンポを用いることで、津軽民謡らしい抑揚のある曲をMIDIで再現できるようにしました。

例えば、俺が今練習している津軽よされ節をこの機能で再生すると、こんな感じになります。
シーケンサーソフトで開くとわかると思いますが、テンポイベントがずらりと並んでいます。これを自動でやってくれるというわけです。
ちなみに、この機能を使わないとこんな感じ
リズム感皆無で、こんなのよされ節じゃありません。

また、ユーザには関係ないことですが、楽譜ファイルのフォーマットを少し改良しています。
今までの楽譜ファイルは、機能追加を繰り返してきたせいでフォーマットがごっちゃごちゃになっていたんですね。
このままだと、”とある計画”において不都合が大きいので、フォーマットを整理しました。
これでプログラムしやすくなります。

 

そういえば、先月発売の雑誌に和楽一筋が掲載されたのですが、コメントで「敷居が高い」と書かれてしまいました…。
和楽器の敷居を低くするのが和楽一筋の目的なので、こういうコメントは残念です…。
もっと説明書をわかりやすくする必要がありそうです。

 

アニメ


TVアニメ『じょしらく』エンディング曲は謎のユニット “桃黒亭一門” 。前山田健一×吉田兄弟も参加!

見てみましたが、ノリが完全に絶望先生。政治ネタまで出てきた。
しかもエンディングの演奏は津軽三味線の吉田兄弟!
これは今期一番と言わざるを得ないwwww

 

エンディングの三味線譜作ってみるかな…

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。