青函

こんにちは。
院試に無事合格し、ほっと一息な田螺銭亀です。

青函連絡船見学


お台場にある、船の科学館という所を見学に行ってきました。

この施設では、船や海に関する様々な展示の他、旧青函連絡船「羊蹄丸」や、旧南極観測船「宗谷」などの実物も展示しています。
9月で閉館になってしまうとのことなので、見納めに行ってきた次第です。

船の形をした本館が、主な展示場になります。
船の仕組みから海洋政策まで、船に関するあらゆるものが展示されています。
思いのほか展示が充実していて、のんびり見ていたら時間がなくなりそうになりました。

そして羊蹄丸。一番見たかったのがこれ。

かつて青森と函館を往復していた、青函連絡船です。
本館の入場券を持っていれば自由に見学できるようになっています。

中の大部分は改装されていて、かつての青森駅周辺を再現した謎空間があります。

駅前の様子を再現。りんごがたくさん。

駅の売店を再現。マネキンの店員や、売り物の模型。

古そうなポスター。

ドキュメンタリー映画も上映していて、なかなか楽しめました。
ただ、船内の大部分が改装されていて、客席は全部撤去されていました。あまり当時の面影がなかったのが残念。
でも、甲板や操縦席は当時のままだったので、なんとなく当時の様子が思い浮かびました。

羊蹄丸は、今後どこかに譲渡されるそうです。
内部を当時の様子に戻した状態で、見学できるようになればいいですね。

ちなみにこっちは宗谷。奥に見えるのは船の科学館本館。
羊蹄丸と違い、宗谷の内部はほぼ当時のままです。引き続き今後も展示される様子。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。