技研

こんにちは。
五月病の田螺銭亀です。


 


技研公開




特殊なメガネは不要の「インテグラル立体テレビ」をNHKの技研公開2009で体験してきました
ぺらぺらの驚異の薄さ「フレキシブル有機ELディスプレイ」 in 技研公開2009
あまりにもすごすぎる超高速インターネット衛星「きずな」によるスーパーハイビジョン多チャンネル衛星伝送実験 in 技研公開2009
画面の中にある物体に触って手触りを楽しむことができる「触れて感じるテレビ」の実験映像 in 技研公開2009
2ちゃんねるのテレビ番組実況レスを分析・解析することも可能な「情報環流システム」 in 技研公開2009


先週、NHKの技研公開を見てきました。
上の記事にもあるように、未来のテレビにつながる様々な新技術の展示をしていました。
超高画質なスーパーハイビジョンやプロジェクター、音響機器、ぺらぺら曲がるテレビなど、どれもこれも新鮮な物ばかりで、驚きの連続です。


スーパーハイビジョンは、現在のハイビジョンよりもさらに高画質化していて、まるでポスターのような鮮やかさ。
プロジェクターも、まるで映画館のようにきれいにスーパーハイビジョンの映像を映すことができます。
曲がるテレビは、まだ画質に問題があるものの、将来もっと高画質化・大型化すれば今の液晶テレビに取って代わること間違いなしです。
立体テレビは、少し離れた所から見ると確かに立体に見えました。角度によっては見えにくかったりするので、その辺は将来に期待ですね。


どれも見たこと無いものばかりでとても楽しめました。
来年も行ってみようと思います。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。