唖然

こんにちは。
トイレで蚊の大群と戦う田螺銭亀です。


 


チームBike



Gateに関する爆弾発言的提案


  ( ゜д゜)      ・・・
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
   \/    /
     ̄ ̄ ̄
  ( ゜д ゜)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
   \/    /
     ̄ ̄ ̄


そういう話はもっと早く言ってくれ!


これが噂の、プログラマーを一撃で倒す呪文「仕様変更」か…。


 


とまあ冗談は置いておいて、なかなかいい案だと思います。
なるほどワイド画面か。


フルスクリーンについては問題ないかと。
まず元の解像度情報を取得して縦横の比率を調べ、それを元にフルスクリーン時の解像度を決めることができるはずです。


あと、今回はDirectXは使用しません。できる限りHSPの標準機能のみを使って製作する予定です。
拡張プラグインを使いすぎて、解放作戦IIのような表示バケが起きたら困るので…。
近いうちにHSP3.1も公開されるようなので、かなり自由度が広がりそうです。


ただ、ひとつ気になるのは、背景画の大きさをどうするのかということ。
元々800×600を想定して製作していたので、縦の長さを維持したまま16:9に伸ばすと1067×600になります。
ところがこれだと横幅が俺のディスプレイ(1024×768)よりもわずかに大きくなってしまいます。
1024×600だとちょうどいいのかな?でも動作が重くなりそうです。
まあ、ワイド画面を持つパソコンは大抵は高性能だから大丈夫だとは思うけど…。
なぐり@がきにある850×480の画像を使うと、縦横どちらも大きさが変わってしまい、画面構成が複雑になっていろいろと面倒なことに…。


あるいは、わざわざ長い画像を用意せずに、自動的にフルスクリーン時に適切な余白を入れるという方法もあり得ます。
上で書いた方法で実現可能なはずです。


どちらにしても、背景画の大きさはできるだけ早く決めたいです。
意見求む。


 


2周年



すっかり忘れていましたが、青高解放作戦IIの公開から2年、初代青高解放作戦の公開から3年が経ちました。早いものですね。


いろいろと直したい部分は多いのですが、実生活が忙しくてなかなか手が回りません。
時間があったとしてもチームBike用のソフトを作っているわけでして…
来年か再来年あたりになったら、3D部分の全面改良を行いたいです。
表示バケも直したいし。


 


暴走





陸奥連邦軍傘下の特殊部隊「学生自由解放軍」が、栗林軍に対して攻撃を再開したことが明らかになった。


両軍の間では停戦が成立したばかりであり、解放軍も撤退を開始していたが、突如反転し、弾道ミサイル基地などを中心に空爆を開始した。
解放軍の銭亀総司令官は「一方的に陸奥を攻撃し多数の犠牲者を出した悪の枢軸栗林を、このまま黙って見過ごすわけにはいかない。これは聖戦だ。」と発表し、報復目的であることを明言。「くりん星首都を落とすまで、我々は全力で戦う。」とも述べ、総力戦を宣言した。


一方、陸奥連邦政府の銭亀広報官は「あれは我々の命令ではない。我々は和平を望んでいる。」と弁明し、解放軍が独断で攻撃したことを明らかにした。


陸奥連邦軍は解放軍の銭亀総司令官の更迭と停戦を命じたが、解放軍側は拒否。両者の間の亀裂は決定的なものとなった。
また連邦軍は、連邦内にある解放軍基地を制圧したが、既にほぼ全ての部隊がくりん星へ向けて出撃済みだったことも明らかにした。


連邦軍の銭亀司令官は「我々は解放軍を攻撃する用意がある。」と表明。また、場合によっては栗林軍との一時的な同盟を締結する可能性も示唆した。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。